製品成形の際フッ素コーティング離型剤はメヤニを抑制します

工場の製品

フッ素系の離型剤の特徴や効果とは?

パイプ

離型剤といっても、オイル系、シリコン系、界面活性剤系、フッ素系がありますが複数の種類があり中でもフッ素コーティング系のものは、広く用いられています。フッ素系の離型剤は、フッ素コーティングの持つ非粘着性を活用しているのが特徴です。焼き付け型フッ素樹脂とフッ素パウダーを吹き付けるタイプの二つがありますが、それぞれに特徴が異なります。焼き付け型は、乾性表面のために成形されたものの表面が乾いているので、洗浄が不要になります。作業工程に洗浄が不要になる効果があるものの、膜の厚さも数ミクロン以上となっているので精密な金型に使うのは向いていません。
一方、フッ素樹脂パウダーの方は、エアゾールで吹き付けるのが特徴です。こちらも常温で乾燥が簡単に出来る効果があるのですが、使用していると比較的短期間でも離型剤としての性能が劣化する特徴も併せ持っているので注意が必要です。フッ素コーティングの離型剤は、塗布部分に密着した離型膜を作ることが出来るため、メヤニが生じにくくなる効果もあります。メヤニが生じにくくなることで、このタイプの離型剤を選ぶと長時間であっても連続で成型が可能となり効率よく作業を進められるメリットを得られるようになります。

recent article

工場

メヤニを抑制することができるフッ素系離型剤

安全に使用することができる離型剤は、フッ素系離型剤です。不燃性溶剤のため、引火性がありません。…

MORE ▶

煙突と白煙

離型剤ならフッ素コーティングがおすすめです

離型剤には様々な種類があります。オイルやシリコンやワックス、フッ素コーティングがありま…

MORE ▶

パイプ

フッ素系の離型剤の特徴や効果とは?

離型剤といっても、オイル系、シリコン系、界面活性剤系、フッ素系がありますが複数の種類があり中で…

MORE ▶

ねじ

離型剤が使われている様々な場面や現場とは

離型剤は、様々な場面や現場で使われているのをご存知でしょうか。高機能で使い勝手の良いフ…

MORE ▶